社員インタビュー

カタチのないものを売るために
お客様との信頼関係を築く。

2018年入社(営業)
第二営業部 第2課
小林 万里子

Profile

学生時代はラクロス部に所属。アスリートの一面だけでなく、アクション系ゲームでストレスを発散するインドアな一面も併せ持つ。休日はウインドウショッピングに出掛けて雑貨収集を楽しんでいる。

――入社を決めた経緯・理由

大学では教育学部に所属し小中高の教員免許を取得しましたが、視野を広げる意味でさまざまな企業が集まる就職合同説明会に参加。そこで印刷関連のブースに立ち寄ったことで、印刷が“ものづくり”であることに改めて気付き、少しずつ興味が広がっていきました。

私は社会科を専攻していましたが、大学での学びの中でも古文書などに触れる機会も多く、後世に情報を伝える印刷物の重要性を感じていました。そんな仕事に携わる自分自身の姿を思い浮かべ、ますます印刷という仕事の魅力に惹かれていきました。

その後の会社説明会で感じた風通しの良さとアットホームな雰囲気、女性が第一線で活躍していることも含めて、日経印刷に入りたいと思うようになりました。

――現在の仕事の内容・やりがい

同業の印刷会社さんをメインに、印刷営業を担当しています。医療系の雑誌から学習塾・予備校の教材まで印刷物の内容が幅広く、お客様や自社の生産管理部門などさまざまな人と関わりながら印刷物を完成させる仕事にやりがいを感じています。

印刷営業は、完成した製品を売るのではなく、カタチのないものを一からつくって売る仕事。だからこそお客様との間に信頼関係がないと成立しない仕事だと思っています。良好な関係を築くためにも、興味を持っていることや趣味など直接仕事に関係のない話も交えながら、まずは自分という人間を理解してもらうことを大切にしています。わからないこともたくさんありますが、それも素直に伝えた上で努力する姿勢が重要だと感じています。

――入社を考えている人へのメッセージ

入社2年目なのでわからないことも多く、まだ目先のことしか見えていないので、上司や先輩に助けていただくことばかりです。それでも私の営業部の方々は、自分も忙しいはずなのに困っている人や大変そうな人がいたら当然のことのように声を掛ける。私自身も早く誰かを助けられる存在になりたいし、そのためにも自分の仕事をしっかりこなした上で余白を持てるように早く成長したいと思っています。

日経印刷は、和を大切にしている会社です。だからこそ仲間と喜怒哀楽を共有しながら成長できるのではないかと感じています。私が日経印刷を選んだ一番の決め手が風通しのよい人間関係だったので、それを重視している人にとってはすごいいい会社だと思いますよ。

関連社員インタビュー

新入社員 × クロストーク
Cross talk

詳しく見る

新入社員アンケート
Questionnaire

詳しく見る

仕事相関図