高等学校 卒業者向け

2021卒の高校生採用は、「製造関連職」での採用となります。
入社後、本人の希望と適性等を踏まえて各部署への配属が決まります。

メッセージ
Message

高校生の方には、「製造関連職」での採用を行っています。
下の5つの職種の中から、本人の希望や適性などを踏まえて配属が決まります。

印刷物が出来上がる製造の各工程では、様々な人が働いています。
データを作るDTP、データをハンコに変える製版、ハンコを印刷機にセットして用紙を刷る印刷、刷りあがった紙を整えて本の形にする製本。
それぞれの仕事がバトンを渡しながら一つの印刷物を作り上げていきます。
目の前にある仕事を丁寧にやり遂げることが、高品質の製品を作ることに繋がります。

自分の手が加わった本が街の書店に並んで誰かに買われているなんて、素敵だと思いませんか。
モノづくりの現場に直接関わりたいという方をお待ちしています。

募集職種
Position

製版オペレーター

制作から送られてきた紙面データを、ハンコ(刷版)に出力します。PC上での色調補正、ページ順に読めるように組む面付、印刷前のお客様への確認(校正出し)が主な仕事。製造ラインの前工程、後工程の全体を見渡して仕事をするため、全工程に関する幅広い知識が得られます。必要な知識や技術は、研修やOJTなどのサポートの中で段階的に身に着けることができます。

印刷オペレーター

重さ数十トンにもなる巨大な印刷機を動かし、大きな用紙に印刷します。その日の温度や湿度に応じた機械の調整や日々のメンテナンスなどを丁寧に行い、確かな品質を保っています。

最初は先輩と一緒に機械の動かし方を覚え、独り立ちすると一人で一台の機械を任されます。経験や実力に応じて扱う色数も増え難易度も上がっていくので、知識や技術を身に着けレベルアップを目指すことができます。

製本オペレーター

印刷された用紙を折り、重ねて糊や針金で綴じ、裁断して本の形に仕上げます。製造工程の最後を担う重要な仕事です。

製本ラインには丁合機や三方断裁機をはじめとする様々な機械があり、それぞれのオペレーターが協力しながらチームで仕事を行います。機械によって動かし方もまったく違うため、経験を積むことで多種多様な機械を扱えるようになるのも製本オペレーターの魅力の一つです。

生産管理

制作・製版・印刷・製本の各製造工程を管理し、統括しています。印刷機や製本機のスケジュール管理、印刷に使う用紙の手配が主な仕事。また、部内には各工程を経験してきた社員も多く、困ったときも経験値の高い先輩が近くにいる環境があります。また、各工程の状況を把握して仕事をするため多くの知識が必要になりますが、入社後に研修やOJTの中で身に着けることができます。

DTPオペレーター

InDesignなどのソフトを使用し、デザインフォーマットに原稿や画像データを紙面に入れ込んでいく組版の作業を行います。決められたスペースに収まるように、そして読み手にとって見やすいレイアウトになるよう仕上げていきます。

DTPチームには作業の合理性を追求した膨大なノウハウが蓄積されており、それを全員が自由に見られるようになっています。効率性を高めつつ丁寧で細やかな仕事を行います。

社員インタビュー
Interview

その他の募集職種

新入社員 × クロストーク
Cross talk

詳しく見る

新入社員アンケート
Questionnaire

詳しく見る

仕事相関図