ホーム日経印刷の特長>環境への取り組み

環境への取り組み―ゼロ・エミッションを目指して

地球規模で拡大し続けている環境問題

企業で商品が生産され消費者が利用・廃棄するまでのライフサイクルを考慮したとき、温室効果ガスの削減など環境負荷の低減は企業と消費者が一体となって連携しなければ達成できるものではありません。

日経印刷は、企業として自らの環境配慮に対する姿勢を明確にして実践しています。また、お客様に対しては印刷物という商品を通して環境負荷の低減を支援しています。

ISO14001認証取得

ISO 14001 ロゴ 2003年12月26日にISO14001(環境マネジメントシステム)認証を取得しました。以降、環境マネジメントシステム(EMS)のPDCAを実践することで、より環境目標にやさしいシステムにすべく全社を挙げて取り組んでいます。

グリーンプリンティング認定工場

グリーンプリンティング認定工場 ロゴ 社団法人日本印刷産業連合会における第23回グリーンプリンティング工場認定委員会にて、当社グラフィックガーデンが、2012年3月14日にオフセット印刷部門において「グリーンプリンティング工場」に認定されました。

Neco Project(Nikkei eco project)

ISO 14001 ロゴ 日経印刷の独自の環境活動を「Neco Project」と名づけました。
職場や製造過程にある「ムダ」を取り除いて効率化しようという試みからスタートした活動が、今や、標準化の波及効果としてやり直しが減少、損紙等の廃棄物を大幅に削減することができました。
さらに省エネ活動としては、全工場の電力使用量をデマンド監視により使用電力量の把握、可視化することで、エネルギーのムダ使いに対する社員の意識改革を行っています。また、廃棄物のリサイクル活動としては2008年よりゼロエミション活動をスタートさせ、2007年では82%であったリサイクル率を、3年後の2010年には94%まで向上させることができました。

グリーン電力

グリーン電力とは、風力、太陽光、バイオマス(生物資源)、水力、地熱などの自然エネルギーによって発電された電力のことです。
自然エネルギーによる発電は発電するときにCO2を発生しないため、地球温暖化を防止するなどの環境価値を持っていると考えられています。
環境にやさしい自然エネルギーを購入し、印刷工程で使用する電力とオフセットすることができます。
購入した自然エネルギーは「グリーン電力証書」として証書化できます。

グリーン電力

グリーン調達(製品含有化学物質管理)

当社は、製品の製造に必要な資材・材料等を購入する際、より環境負荷の少ないものを優先的に調達・購入するグリーン調達に取り組んでいます。
印刷物は主に用紙・インキ・製本用のり等で構成されていますが、当社では購入する前に資材に含まれている化学物質等を調査し、安全性を確認した上で購入するシステムを導入しています。

FSC® COC認証取得

FSC森林認証とは、FSC(森林管理協議会)が社会的・経済的・環境的に適切な管理がなされている森林を審査・認証する制度です。
またCOCとは「管理の連鎖」を意味し、FSC認証を受けた森林から産出された木材を適切に加工・流通している組織に付与される認証です。
日経印刷では2007年6月にFSC COC認証を取得していますので、適正な用紙を使用した印刷物に認証マークを表示することができます。

日経印刷が提供する環境マークの例
FSC COC(森林認証制度) グリーン購入ネットワーク
印刷サービス
Non-VOCインキ
FSC COC認証 GPN nonvoc
バタフライロゴ(水なし印刷) リサイクル適正識別記号 植物油インキ
FSC COC認証 GPN nonvoc

※印刷物への環境マーク掲載につきましては、当社営業までお問い合わせください。

お問い合わせフォームへ

ページのトップに移動