ホーム会社概要>社会活動方針

社会活動方針

当社は、総合印刷会社として、お客様の様々なご要望にお応えするため、より良い製品とより良いサービスのご提供に全力を挙げて取り組んでおります。
そのため品質の向上と、環境への配慮、両方のマネジメントシステムを構築し、運用しております。
また、2006年3月にはプライバシーマークの認定を、2009年10月にはISO27001の認証を受け、それぞれ個人情報の適正な保護管理や情報セキュリティのレベル向上にも努めております。

品質方針

私たちは、社員一人ひとりが、シンプルで洗練された技術と豊かな発想で、常にお客様に満足していただける製品とサービスを提供し、社会に貢献していきます。

  1. 品質マネジメントシステムを構築・運用し、その継続的改善を図ることにより、お客様のご要望にお応えします。
  2. お客様との信頼関係と社員間の絆を重んじ、心のこもった製品とサービスを提供します。

2007年1月1日制定

環境方針

私たちは、社員一人ひとりが、かけがえのない地球環境の保全の重要性を認識し、環境保 護に配慮した日々の事業活動を通じて、企業としての社会的責任を果たしていきます。

  1. 環境マネジメントシステムを構築・運用し、その継続的改善を図ることにより、環境の保全と汚染の防止を推進・実現します。
  2. 以下の項目に関して、取り組みの計画を策定、実行し、定期的に見直します。
    (1)省資源・省エネルギー活動への取り組みを行います。
    (2)環境に配慮した商品の購入を積極的に推進します。
    (3)廃棄物の削減と再資源化に取り組みます。
    (4)使用禁止化学物質の管理体制を構築し、不買・不使用・非含有を推進します。
    (5)緊急事態への管理体制を強化します。
  3. 環境保全に関する法規制と、当社が同意するその他の要求事項を順守します。
  4. 社内環境教育を実施し、全社員に環境マネジメントシステムの理解と環境に対する意識の向上を図ります。
  5. 環境方針を全社員に周知するとともに、社外に公表し、その達成に努めます。

2007年1月1日制定/2010年1月1日改定

情報セキュリティ方針

私たちは、お客様からお預かりした情報を社会に役立つ印刷物として世に送り出すため、下記のような取り組みを含んだ情報セキュリティマネジメントシステムを構築、運用、継続的に改善することを通じ、よりお客様にご信頼いただける会社を目指してまいります。

  1. お客様からお預かりした情報は、社内ルールに則り、安全かつ適切に管理します。
  2. 法令および規制の要求事項、お客様との契約上のセキュリティ要求事項を遵守します。
  3. 外部からの不正アクセスや不審者の侵入を未然に防ぐよう、セキュリティシステムを構築し運用します。
  4. 情報セキュリティを守るための教育を定期的に実施します。
  5. 災害や障害等の緊急事態を想定した事業継続計画を策定し、その見直しを行います。

2009年1月1日制定/2014年6月1日改定

日経印刷株式会社
代表取締役社長 吉村 和敏

女性活躍推進法に基づく一般事業主行動計画

女性が管理職として活躍できる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定する。

  1. 計画期間: 平成28年4月1日~平成32年3月31日
  2. 当社の課題
    課題1: 男女の継続勤務年数に差がある、管理職になりうる女性候補者が少ない。
    課題2: 有休取得率が全国平均よりも低い。
  3. 目標と取組内容・実施期間
目標1:男女の継続勤続年数の差を縮めるべく対策を検討し実行する。
≪取組内容≫
  • 平成28年 5月~ 現状の把握(要因と考えられる残業時間の調査、その他辞める時期等の調査を進める)。
  • 平成28年 6月~ 残業等に対してのヒアリング、アンケートの実施。
  • 平成28年 7月~ 社内報にて利用可能な両立支援制度などの周知徹底。
  • 平成28年 8月~ 現状の実態、アンケート等を踏まえ、対策に向けた検討を進める。
  • 平成28年 10月~ 対策案の構築、実施。
  • 平成32年 3月~ 継続年数の差異の確認。
目標2:有休取得率を50%以上にする。
≪取組内容≫
  • 平成28年 6月~ 有休に関するアンケート調査の実施、現状の把握。
  • 平成28年 10月~ 有休休暇取得促進に向けた情報の発信(社内報等)。
  • 平成29年 1月~ 対策案の検討。
  • 平成29年 4月~ 対策案の実施。
  • 平成30年 4月~ 対策案導入後の現状把握。
  • 平成32年 3月~ 有休取得率50%達成。

ページのトップに移動