ホーム会社概要>会社沿革

会社沿革

1964年10月日経プリントとして個人営業を開始(謄写印刷業)
1966年10月株式会社日経商会として株式会社組織にする
1973年2月ハイデルベルグ A全判単色オフセット印刷機導入
1975年2月株式会社日経商会を日経印刷株式会社に社名変更
1977年5月板橋工場を開設
1982年10月深川工場(現ハイデルベルグフロント)竣工
1985年2月オプチコピー インポーザ・カメラシステム導入
1986年3月富士ゼロックス ワークステーションJstarを導入 電子的組版への先鞭をつける
1987年2月プリンティングセンター竣工
1988年12月翻訳制作室を設立 機械翻訳業務を開始
1991年4月アップル Macintosh導入 DTP業務を開始
1992年7月写研 電算写植システム SAIVERT-P、GRAFを導入
1993年3月ドキュメントサイエンス研究所を設立
マニュアル制作に向けSGML、Tex等の利用その他応用技術の研究を進める
1996年1月Windows DTPの専門チームを設立
Officeデータの商用印刷物への利用に取り組む
1996年3月大日本スクリーン製造 イメージセッター DT-R3100導入 DTP出力業務に対応
1997年7月浮間工場竣工、製本設備(芳野マシナリー アジロ無線綴ライン)を導入
2000年1月プログラム開発部門を設立 自動組版などへの取組みを強化する
2001年3月深川工場を増築 ハイデルベルグフロントと名称を改める
2001年4月ハイデルベルグ 菊全判8色両面兼用印刷機導入
ハイデルベルグ CTPシステム Prinergy
サーマルプレートセッターTrendsetterを導入
CTPによるカラー印刷事業を開始
2001年11月品質マネジメントシステムISO9001(2000年版)認証取得
2003年5月デザイン部門としてクリエイティブ室を設立
2003年12月環境マネジメントシステムISO14001認証取得
2003年12月大日本スクリーン製造 CTPシステム Trueflow
サーマルプレートセッターPT-R8800を導入
2006年2月プライバシーマーク認証取得
2006年7月FSC® COC認証取得
2008年8月グラフィックガーデンを竣工 ワンストップサービスの提供体制を確立
2008年9月ハイデルベルグ 中綴じラインST450導入
2008年12月印刷通販株式会社を設立
2009年4月印刷通販Webサイトをオープン Webビジネスへ参入
2009年5月富士ゼロックス DocuColor8000AP、Nuvera144EAを導入
オンデマンド印刷業務に対応
2009年10月情報セキュリティマネジメントシステム ISO27001認証取得
(本社・グラフィックガーデン)
2009年10月GMP PPラミネート機PIONEERⅡ 8000BC導入
2011年4月長野県中野市にDTP Studioを開設
2011年9月リョービ LED UV乾燥装置付8色両面兼用印刷機導入
2012年3月グラフィックガーデンがグリーンプリンティング工場に認定される
2012年4月Japan Color標準印刷認証取得
2012年9月グラフィックガーデンが「第11回印刷産業環境優良工場表彰」にて経済産業大臣賞を受賞
2012年11月Japan Colorプルーフ運用認証取得
2012年12月小森 LED-UV乾燥装置付A全判4色機導入
2013年1月林吉男が代表取締役会長に就任
これに伴い吉村和敏が代表取締役社長に就任
2013年5月小森 A全判4色両面兼用機導入
2013年9月Japan Colorマッチング認証取得
2014年7月NRIプロセスイノベーションと合弁でNRIフィナンシャル・グラフィックスを設立
2014年10月創業50周年を迎える
2015年6月ミューラー・マルティニ 全自動無線綴じ機 Alegro導入
2016年8月グラフィックガーデン1階にG-LABOを開設

ページのトップに移動