ホーム会社概要CSRレポート>従業員とともに

従業員とともに

日経印刷には、契約社員やパートアルバイト社員として働いている方も多数います。そういった方々の待遇の向上のために、職域限定正社員制度を導入しました。その他にも、働く時間の制限に応じて勤務できる時間限定正社員制度を導入するなど、より働きやすい環境づくりに取り組んでいます。

職域限定正社員制度の導入

労働契約法により定められた無期転換ルールを受けて、基本的に異動や職務の変更がなく、業務の責任範囲も限定的となる職域限定正社員制度の導入を検討進め、2016年1月から導入することを決定しました。
現場の軽作業に従事していた有期の契約社員は、この制度の導入により職域限定正社員へ切り替わりました。また、これを機に契約社員の職務見直しが行われ、一部の方を正社員としての雇用に切り替えました。

時間限定正社員制度の導入

制度 適用人数
契約社員から正社員への転換 6名
職域限定正社員 9名
時間限定正社員 3名

育児・介護休業法では3歳までとされている8時間未満の短時間勤務ですが、社内の育児・介護休業規程では小学校入学までに延長しました。さらに小学校入学から小学校3年生までは、時間限定正社員として勤務することできる制度を導入することにしました。育児のほか、介護や傷病、その他の都合でも時間限定正社員として勤務が可能になりました。

教育体系図と社内研修

2013年に教育体系構築プロジェクトを推進し、会社全体の教育体系図を作成しました。2015年度もその体系図に基づいて、さまざまな研修を計画し、その一部を実施しました。

教育体系図
教育体系図
(1) 新入社員研修・フォローアップ研修

2015年度は4月1日に新卒10名、キャリア4名の合計14名が入社しました。3月31日に外部講師によるマナー研修、4月1日に入社式を行い、引き続き新入社員研修を実施しました。日経印刷の新入社員研修は各部署のマネージャが講師を担当します。3日間の社内研修の後は、学校法人日本プリンティングアカデミーで約3週間、印刷の基礎について学習します。また、入社から半年経った10月にはフォローアップ研修を実施しています。そこでは、自分のできていること、できていないことについて上司・先輩からアドバイスをもらうことで、2年目に向けての意識付けを行っています。

新入社員研修の様子1
新入社員研修の様子2
新入社員研修の様子3
(2) 中堅社員研修

6月に大卒4年目、高卒6年目の社員14名を集めて、中堅社員研修を実施しました。問題解決力、コミュニケーション力、問題解決実践力の向上を目的とし、2泊3日で行いました。さまざまな部署の社員が集まることから、部署間連携の強化も狙いのひとつとなっています。

中堅社員研修の様子1
中堅社員研修の様子2
中堅社員研修の様子3
(3) 管理職研修

不定期に行っていた管理職研修を5年ぶりに実施しました。前回は営業本部を除く各部署の課長が対象でしたが、今回は全部署の部長、課長を対象に実施しました。研修は2日間のプログラムで、初日は管理職に求められるコンピテンシーの検討とゲームを通じた数字力の強化、2日目は部署ごとにグループを作り、各部署のビジョンについて検討するという内容でした。

管理職研修の様子1
管理職研修の様子2
管理職研修の様子3
(4) 新任管理職研修

1月に新たに就任した課長を対象に、新任管理職研修を実施しました。課長としての役割や責任、権限について、さらには稟議や勤怠管理といった知識の習得を目的としています。

(5) DTPエキスパート講習

当社では営業本部、制作本部に所属する2年目の社員に対して、DTPエキスパート資格取得に向けた講習を行っています。6~8月の土曜日に、チャレンジ講座、直前対策講座を開催、9月には実技対策を行って合格に向けたサポートをしています。結果として、2015年8月に行われた第44期DTPエキスパート認証試験では、全体の合格率が39.2%だったのに対し、当社受験者の合格率は90.9%となりました。

確定拠出年金制度の導入

社員の老後の資産形成を支援するために、確定拠出年金(DC)制度を導入しました。公的年金の支給開始年齢が65歳まで段階的に引き上げられているなかで、豊かで安定した老後生活を実現するためには、できるだけ早い段階から定年後を見据えて準備していくことが重要です。そのため確定拠出年金制度の枠組みを利用した制度を構築しました。制度を導入した4月には85名が利用を開始し、年末にはさらに5名増えました。現在90名が制度を利用しています。

部署間連携の第一歩「PhotoBook2016」と「社内報」

PhotoBook2016
社内報 Sky Blue

社内コミュニケーションの活性化、部署間連携の促進を目的として、2016年1月1日時点で在籍している全従業員(正社員、契約社員、パート社員 計435名)の顔写真を載せたPhotoBook2016を作成し、配布しました。従業員の顔写真とともに、好きな食べ物や行ってみたいところ、今年チャレンジすることを掲載した社員名鑑とも言えるものとなっています。より一層円滑な社内のコミュニケーションと部署間連携の向上を期待しています。
また、それ以外にも社内報を年4回(1月、4月、7月、10月)発行しています。社内の最新情報を共有したり、社員を紹介したりすることで、社内のコミュニケーションの活性化に役立てています。

ダイバーシティと労働安全衛生

多様化する雇用状況に対応

当社は年々多様化する雇用環境に対応し、ダイバーシティの推進に積極的に取り組んでいます。

  • 新卒採用2015年4月の定期採用は10名(大卒6名、高卒4名)でした。
  • 中途採用2015年を通して19名を採用しています。そのうち1名が60歳以上の高齢者でした。
  • 2015年度に定年を迎えられた方は1名でした。
  • 外国籍の方の採用状況ですが、日本語学校の留学生を短期のパート社員として1名採用しました。
労災の内訳と対策

2015年は業務災害が7件発生し、2014年より3件の増となりました。通勤災害は0件でした。発生した業務災害の内容は、以下のとおりです。

  • 両手にそれぞれ一枚パレットを持っての移動中に、持っていたパレットに足を引っ掛けて転倒。両手がふさがっていたため、顔を打撲し骨折した。
  • 部下の仕事の確認のため、急いで高さ20センチほどのパレットを跨いだ際に左足がすべり、右足の内側から床に落ち骨折した。
  • 紙折り機が詰まったため、これを取り除き運転再開ボタンを押して様子を見たとき、ローラーは回っていないと勘違いして触れたところ指を挟まれた。
  • 作業中に誤って次の作業用の判に指があたり怪我をした。
  • 自動現像機のエラーを調査中、詰まっていたものを取り除いたときに現像液が跳ねて目に入った。
  • 機械のサイドカバーが開いているのに気づかず、カバーの角にわき腹を強打し、骨折した。
  • 自動現像機のトラブル対応中、詰まった板を取り除くときに鋭利な角のある部品で右手人差し指を切った。

エラーやトラブルの対応中が4件と最も多く、次に移動時の不注意によるものが2件、イレギュラーな状況下で発生したものが1件となっています。機械のメンテナンスやエラー処置のときは、機械を必ず止めること、軍手やゴーグルなど決められた装備品を身につけて手順通りに行うという基本的なことが重要です。そのため必要な装備などは目立つ位置に置くようにしています。また、職場の異動により新しい部署に配属されたときは、まず初めに安全教育を行い、職場全体で事故の防止に努めています。

年度 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
件数 4件 7件 5件 4件 7件
健康管理と心身の安全配慮

産業医の月例定期訪問時に産業医面談を実施しています。内容は過重労働問診票や健康診断事後措置票によるものから、本人からの面談希望、メンタルの相談までさまざまです。2015年には12名が産業医の面談を受けました。
また、2013年からは産業医の指導のもと、安全運転講習時に睡眠時間や眠気の有無、てんかん、睡眠時無呼吸症候群、糖尿病や服用している薬の状況などについてアンケートを行い、チェックを受けています。
万一の事故への備えとして、会社の車両を運転する機会のある社員全員を対象に、今後も年に一度継続していく方針です。

子育て支援制度

2015年度の子育て支援制度の利用状況は次のとおりとなりました。

・育児休業制度

育児休業中の社員は2014年度より増え7名でした。そのうち3名は2015年4月に復職しています。残る4名も2015年度中に復職予定でしたが、保育園入園の都合などの事情により、育児休業期間を延長して2016年4月に復職しました。
また新たに産前産後休業に入る社員が1名おり、産後休業終了後、引き続き育児休業となりました。

・配偶者出産休暇

配偶者が出産した社員が8名いました。その内2名が制度を利用しました。

・子の看護休暇

12名、延べ26日間の利用がありました。

・育児短時間勤務

2014年度から継続して2名の社員が短時間勤務制度を利用して勤務したほか、4月に育児休業から復職した3名を含め、制度利用者が5名となりました。

ページのトップに移動