ホーム会社概要CSRレポート>お客様とともに

お客様とともに

企業が社会的責任を果たすためには、「持続的な成長」が最も重要と考えます。安定した経営基盤があってこそ、従業員はもとよりお客様、社会や地域への貢献が可能となります。健全な事業を継続するために、「お客様の声」に耳を傾けることで時流を捉え、ニーズを考慮した事業に取り組んでいます。

CSRセミナー

CSRセミナーチラシ

CSR報告書の制作業務のなかで得た経験やネットワークを活かし、お客様にCSR情報を発信する場として、少人数制のCSRセミナーを開催しています。2015年は、お付き合いさせていただいているコンサルティング会社様のご協力もあり、年6回開催、計51社71名のお客様にお越しいただきました。
CSRのトレンドは、社会情勢とともに変化していきます。弊社としてもセミナーでCSR報告の動向を勉強させていただいています。セミナーで得た知識を訪問先のお客様と共有させていただき、自社のCSR活動はもちろん、お客様の企業価値を伝えるCSR報告書を、ともに作り続けて参ります。

CSRセミナーの様子1
CSRセミナーの様子2

CSRセミナーの様子

Voice

小竿 顔写真

第一営業部 第1課
小竿 隆太郎 さん

CSR活動その先へ

CSRセミナーはお客様に最新のCSRのトレンドを発信するのはもちろんですが、お互いに情報のやりとりができることも魅力のひとつではないかと思います。セミナーの後に開催される懇談会は、参加いただいたお客様とのコミュニケーションの場となっています。お客様とともにCSRについて考えていくなかで、「こんな活動をしたい」という展望が見えてくることもあります。私自身、実際にお客様とのお話の中から「一緒にCSR活動をできないか」ということになり、日経印刷のノウハウとお客様のネットワークを活かしたCSR活動をコラボレーションすることができました。今後もCSRセミナーの場を活かし、社内外問わず、お客様とともにCSR活動を発展させていきたいと思います。

*お客様とコラボレーションしたCSR活動について詳しくは、こちらをご覧ください。
www.nik-prt.co.jp/company/image/csr2016/csr_active_report2016_aug/#page=7

2015年CSRセミナー一覧
開催日 テーマ 社数 人数
5/14 2014年度CSRの動向とCSRレポートのトレンド 11社 15名
6/11 オリンピックとサステナビリティ
~社会的責任の国際規格ISO26000のひろがり・ISO20121の最新動向~
6社 11名
7/16 注目される外部評価と情報開示 7社 13名
9/10 企業価値のコミュニケーションとESG情報 7社 8名
10/15 ISO14001:2015年版の発行とCSRレポートの関係
~企業に求められる外部コミュニケーション戦略~
9社 13名
11/19 CSRレポートから分かる企業の顧客対応とこれからの消費者課題 11社 11名
合計   51社 71名

グラフィックガーデン工場見学会

グラフィックガーデン見学会の開催は4年目となりました。昨年もさまざまなテーマでのセミナーと工場見学会をセットにした企画を開催し、幅広い層のお客様にご来場いただきました。

セミナー
【カラーマーケティングセミナー「色を強みにするためのマーケティング手法」】4月、6月開催
【触れて実感! 感性で伝える「紙」の可能性】10月開催
【商品の魅力を伝える色彩とは】11月開催
セミナーの様子1
セミナーの様子2

セミナーの様子

工場見学会

工場見学会では、2012年の印刷産業環境優良工場表彰において「経済産業大臣賞」を受賞した当社の環境への取り組みをご紹介しました。
用紙やインキなどの原材料が製品化される過程で、断裁紙や紙粉、廃液などの廃棄物が排出されます。その廃棄物がどのような方法で分別処理され、最終的にリサイクルされるか、また電力消費対策としての省エネ活動や社員教育の取り組みなどについて、各フロアを回りながら全過程を直接ご覧いただきました。
これからも、環境に配慮した設備維持や投資、生産活動、社員教育などを通じて、地域社会との融合や安全な製品の市場への提供、社会への貢献を実現していきます。

社員による説明1
社員による説明2
社員による説明3

社員による説明

Voice

谷 顔写真

G2見学会実行プロジェクト2015運営リーダー
第一営業部 第3課
谷 直樹 さん

営業部主催の工場見学会は、『見て触れて』をコンセプトに年7回開催しています。
工場見学だけではなく、制作・印刷・製本・用紙といった各分野のエキスパートの方をお招きして、お客様に興味を持っていただける内容のセミナー・見学会を目指しています。
2015年は、インクメーカー様による色についてのセミナー、用紙メーカー様による用紙の見本市を行い、ご盛況いただきました。
今後も色々な企画のセミナーや見学会を開催していきますので、是非ご参加ください。

2015年度グラフィックガーデンセミナー一覧
開催日 テーマ 社数 人数
2月13日 見ながら学べる本づくり-90分の工場見学会 21 43
4月16日 カラーマーケティングセミナー
「色を強みにするためのマーケティング手法」
27 29
6月3日 カラーマーケティングセミナー
「色を強みにするためのマーケティング手法」
29 53
7月14日 見ながら学べる本づくり-90分の工場見学会 23 50
9月15日 見ながら学べる本づくり-90分の工場見学会 23 39
10月14日 触れて実感! 感性で伝える「紙」の可能性 20 38
11月12日 商品の魅力を伝える色彩とは 33 47
合計   176 299

日経印刷のカラーマネジメント技術

Japan Color認証を基軸としたカラーマネジメントシステムで、お客様からの要望に応えています。

印刷物の色は、印刷機を設置してある環境や印刷速度、インキの硬さやメーカーの違いなど、さまざまな要因により変化してしまいます。お客様の色再現の要求に応えるためには「印刷の基準」を作ることが大切です。
そのため当社では、Japan Color認証*を基軸としたカラーマネジメントを行っています。モニター、各プルーフ、印刷機、さまざまな変動要素を考慮し、どの工程においても常に基準の色を確認することができます。高度な技術と知識を駆使してお客様のご要望にお応えし、廃棄物発生の要因となる修正や刷り直しを削減しています。

* Japan Color認証制度

ISO国際標準に準拠し、日本のオフセット印刷における印刷色の標準的な基準であるJapan Colorに基づいて、公正な第三者機関により認証を行うものであり、「標準印刷認証」、「マッチング認証」、「プルーフ運用認証」、「プルーフ機器認証」によって、構成されています。
当社は2012年に「標準印刷認証」と「プルーフ認証」を取得、2013年には標準印刷認証の上位にあたる「マッチング認証」を取得しました。

Japan Color認定証1
Japan Color認定証2
Japan Color認定証3

Japan Color認定証

お客様からのJapan Color指定の高いご要望に対しても、理論的にお答えしています。具体的にはカラー印刷機では、イメージコントローラの分光光度計(濃度や色差を計る装置)で印刷物の絵柄のLab値(色再現値)を読み取り、基準値に対する補正値(色のズレ)を算出して転送することでインキ量を自動的に制御し、CMYKベタ濃度やCMYグレーバランスの品質を管理しています。
また、場合によってはお客様立会いの下で印刷機を回し、実際の印刷物を確認していただく対応も行っています。

1674色の専用の絵柄を印刷して測定を行う

1674色の専用の絵柄を印刷して測定を行う

カラーマッチングと、その精度向上のための取り組みに終わりはありません。

カラーマッチングとは、ディスプレイ表示とプリンタの印刷、さらには実際の印刷による色に差が生じないように色の再現性を調整する技術です。当社では、周辺機器である色補正用モニター、カラープリンタ、プルーフ・デジタルコンセンサス・オンデマンド印刷の色もJapan Color基準内に合わせています。
印刷機についてはJapan Color基準に沿っているか、専用の絵柄を印刷して測定(1674色)を行います。仮に基準値に入っていない場合、印刷物および印刷機の管理項目表から機械的不具合を調査し、修理および調整を行い再度専用の印刷を行っています。これにより、すべてのカラー印刷機が基準値に入る設定としています。
これら技術の情報共有や精度の向上のため、社内でこの作業に特化した人員を集め、カラー会議を発足。カラーマッチング精度の向上を図っています。
これからもお客様に満足いただけるよう、カラーマネジメント技術の向上に努めていきます。

品質マネジメントシステム

ISO9001をベースとした品質管理の手法を用い、絶え間ない改善を続けています。
当社は2001年11月に品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001を取得しました。その後、2回の更新審査をクリアし、2010年10月からは外部審査機関に頼らず、ISO9001をベースとして自社でマネジメントシステム*1を回していくことになりました。
2014年3月からは、各部署の担当者が一堂に会する「品質向上委員会」を立ち上げ、部署の垣根を越えて「最良のものづくり」を目指す取り組みを始めました。

FSC® COC認証とは

FSCマーク

日経印刷は、環境に配慮した日々の事業活動によって、企業としての社会的責任を果たすべく、2007年に環境方針を制定しました。このCOC認証の取得もこの方針に沿ったものです。
これにより、環境に配慮した印刷製品のひとつとして、FSC認証製品をお客様へご提供することが可能となりました。
FSC(Forest Stewardship Council®: 森林管理協議会)には、森林の管理を認証する「FM(Forest Management:森林管理)認証」と、認証された森林から産出された木材の適切な加工・流通を認証する「COC(Chain of Custody:加工流通過程の管理)認証」があり、認証材以外のものが混入しないよう、各加工・流通工程で適切に管理された製品には、その証としてロゴマークがつけられます。

品質向上部会

品質の維持・向上を目的とし、2014年から品質向上部会を始めました。①3年間で不良件数を半数以下にする、②各工程で曖昧になっていたり困っていたりする品質に関する問題を解決していく、ということを設立当初からの目標として月1回活動しています。部会では情報の共有と社内ルールの立案・検討までを行い、そこでの決定事項は各メンバーが自部署へ周知活動を行います。営業・制作・現場の各部門の代表が集まっているため、部署内での解決が難しい問題も、全体の流れを考慮した解決策を出すことができます。
また、2015年からは品質向上部会メンバーが監査人となり、品質に関する臨時内部監査も開始しました。実際に発生した不良事例についての再発防止策が確実に実施されているかなどを確認しています。

[*1] マネジメントシステム
「P(計画)→D(実行)→C(評価)→A(改善)」というサイクルを回しながら、取り組みのレベルを上げていく(スパイラルアップしていく)ものです。
当社ではワークフロー・手順書による標準化(P)、標準作業の実施(D)、チェックシート等による検査(C)、改善活動による見直し(A)を実施することで、絶え間ない改善を続けています。

ページのトップに移動