オーバープリント

オーバープリントとは

オーバープリントは製版指定の一種で、具体的には「他の版に対して色を乗せる」指定です。

オーバープリント設定の一例

たとえばシアン(C)のオブジェクトの上にブラック(K)100%の文字があったとしましょう。このブラックの文字にオーバープリントを指定した場合、以下のように下の版が抜かれなくなります。

オーバープリント図解

実際の印刷では、若干ではありますが版ズレが起こる場合があります。その際、オーバープリントを指定していたほうがズレが目立たないので、主にブラックに対してオーバープリントはよく使われます。

版ズレの例

不要なオーバープリント指定に注意

一般的なプリンタでは、オーバープリントの状態をプリントアウトできない機種がほとんどです。また画面上で確認できないアプリケーションも多いので、意図しないオーバープリントが指定されていることに気づかずに、結果としてトラブルになる場合があります

たとえば、シアンの上にマゼンタの文字が重なっていて、マゼンタにオーバープリントが指定されていた場合、下の版が抜かれないので、結果的に色が変わってしまうことになります。

オーバープリントによる色変化の例

「白のオーバープリント」に注意

さらにやっかいなのが「白のオーバープリント」です。
一般的な印刷物の場合、白はそのまま「紙の色」です。つまり、なにも色をつけないことで白を表現します。
つまり、白いオブジェクトに対してオーバープリントが指定されていると、「下の版が抜かれない」=「消えてしまう」のです。

白のオーバープリントによる消失例

ブラック100%への広範囲なオーバープリント

以下のように、広範囲なブラックにオーバープリントを指定している場合、下地のオブジェクトが薄く透けて見えてしまう場合があります。

InDesignでは、標準の[黒]スウォッチを100%で使用すると、デフォルトの設定では自動的にオーバープリントが指定されます。
また版ズレを防ぐ目的でブラック100%へオーバープリントを指定する場合も、広範囲な場合は注意が必要です。
このような場合にはリッチブラックを指定されることをお勧めします。
なおリッチブラックについて詳しくは「リッチブラック」の項をご覧ください。

オーバープリント指定の処理について

弊社では特にご指定のない限り、オーバープリントはすべてお客様のデータ指定どおりに処理しています
これは、最近のアプリケーションが透明効果などの複雑な処理を表現するためにオーバープリントを利用するためです。つまり、データ上で指定していなくても、アプリケーション側でオーバープリントを付加する場合があるのです。このため、オーバープリントを出力機側で破棄してしまうと、やはり事故の原因となってしまいます

このようにオーバープリントは、さまざまなトラブルの要因ともなりかねませんので、データ作成時には特にご注意いただきますようお願いします。