用紙の厚さについて

「コート73kg」「上質110kg」「マットポスト220kg」・・・用紙を選ぶときに表示される「kg」って、一体何の重さ?と疑問に思われる方も多いかと思います。
この「kg」とは、実は用紙の厚さを目安として表しているものなのです。

厚さの「kg」表現について

印刷に用いられる用紙の厚さは一般的に「mm」ではなく「kg」という目安で表されます。
70kgや90kgなどの重さは、印刷用紙を原紙サイズで1,000枚(=1連といいます)積んだときの重さです。この用紙の重さのことを「連量」といいます。連量が重くなるほど、用紙の厚さも厚くなります。
印刷用紙の原紙サイズはいくつかありますが、当社では四六判という紙の原紙サイズでの表記に統一しています。

原紙サイズ:四六判1枚の大きさ 1,000枚で73kg

厚さの目安について

用紙の厚さの目安は、以下の通りです。

連量 厚さの目安 特徴・用途
55kg 0.08mm 一般的なコピー用紙より少し薄い用紙です。
ページ数の多い冊子の本文用紙などに良く使われます。
70kg
73kg
中厚口
0.08~0.10mm 一般的なコピー用紙とほぼ同じ厚さです。
新聞折込やポスティングのチラシ、冊子の本文用紙などによく使われる、薄めの用紙です。
90kg
厚口
0.09~0.13mm チラシやフライヤー、カタログなどの冊子の本文用紙に良く使われます。
一般的な折込チラシより少し厚いので、ちょっとしっかりしたチラシを作りたい場合にお勧めです。
105kg
110kg
特厚口
0.10~0.16mm ある程度しっかりした厚みがあります。
商品パンフレットや会社案内によく使用されます。
ポスターや厚めのフライヤーにもお勧めです。
130kg
135kg
0.13~0.19mm しっかりした厚みがあります。
冊子の表紙やポスター、商品パンフレットなどによく使用されます。
150kg
180kg
0.21~0.26mm 郵便ハガキとほぼ同じ厚さです。
DMやポストカード、冊子の表紙によく使用されます。
220kg 0.25mm ハガキよりも厚く、かなりしっかりとした厚さです。
ポストカードはもちろん、ページ数の多い冊子の表紙にもお勧めです。

※連量は用紙の厚さを知る目安になりますが、同じ連量でも用紙の種類によって厚さが多少異なります。例えば、コート90kgは厚さ約0.10mmですが、上質90kgは約0.13mmです。