RGBカラーとCMYKカラー

RGBカラーとは

「RGB」カラーは「光の三原色」と呼ばれ、R(赤)・G(緑)・B(青)のかけ合わせで色を表現し、すべてが重なる部分は「白」になります。

RGBの概念

皆さんが現在ご覧になっているディスプレイもこの方式で表示されています。

CMYKカラーとは

一般的なフルカラー印刷で使われる「CMYK」カラーは、C(シアン)・M(マゼンタ)・Y(イエロー)の「色の三原色」のインキのかけ合わせで色を表現し、すべてが重なる部分は「黒」になります。
ただし、インキの重ね合わせで表現された黒は完全な黒にはならず、若干しまりのない色になってしまいます。また黒は文字に最も多く使われる色ですから、3色の掛け合わせで印刷してしまうと微妙な版のずれが目立つ原因にもなりかねません。このため実際の印刷では「黒」をK(ブラック)インキで表現するので、トータルで4色を使用します。

CMYKの概念

再現性のちがい

両者のカラー表現方法は根本的に異なっているので、RGBカラーをそのまま印刷で使うことはできません。印刷の際には、必ずRGBからCMYKへのカラー変換が必要になります。
その際、一般的にRGBのほうがCMYKよりも表現できる色域が多いために、RGBでしか表現できない鮮やかな色彩はくすんだ色になってしまう場合があるのです。

RGB-CMYK変換の例

このため、画面上での発色をそのまま印刷物に求めることはできません

では表現方法がインキであれば(カラープリンタとオフセット印刷物との比較であれば)同じ結果になるのかというと、それもやはり同じになるとは限りません。
RGBからCMYKへのカラー変換には様々な方式があるので、プリンタの機種や環境が変われば、結果として色も変わってしまいます。また最近のプリンタは5色以上の特殊なインキを使用し、CMYK4色では表現できない鮮やかな色を出せる機種も増えていますから、そういった機種と同様の色再現をすることは難しいことを、あらかじめご理解ください。

データ上のRGBについて

弊社では、データ上でRGBカラーが使われていた場合、弊社の基準に基づいた設定で自動的にCMYKへの変換を行います
色の再現性を重視した設定ではありますが、予期しない色の変化を防ぎたい場合には、あらかじめCMYKカラーでデータを作成していただきますようお願いします。