Adobeアプリケーションのカラー設定

カラー設定の重要性

データを作成する際、「カラー設定」の内容は広範囲に影響します。

たとえばCMYKカラーモードのIllustratorデータ上にRGB画像を埋め込み配置した場合、画像は自動的にCMYKに変換されますが、その際の変換内容はアプリケーションの「カラー設定」で決まります。
アプリケーション間のカラー設定がまちまちになっているとカラーに統一性がなくなりますし、設定の内容によってはCMYKカラーも変換の対象となるので、意図しないカラーの変更が起こりかねません。

このように「カラー設定」は時にとても重要であり、またトラブルの要因となる場合もあります。

カラー設定の例

カラー変換の仕組みはとても奥が深く、ここでそのすべてを説明することはできません。

そこでこちらでは、弊社が推奨する設定の一例を示します(画面はInDesign CS4での例)。この設定によりCMYKのカラーは変更されなくなり、またRGBについては各画像のプロファイル(カラー情報)に基づいた変換が行われるようになります。

カラー設定の一例

  • ※CMYK設定は「オフ」を推奨します。「カラー値を保持(リンクされたプロファイルを無視)」では、諸条件によりカラーの変換が発生する場合があるためです。
  • ※カラー設定の多くは「編集」メニュー内にありますが、一部には例外もあります。
  • ※CS2以降のバージョンですべてのカラー設定が統一されている場合には「同期済み」となりますが、「未同期」であっても、お使いのアプリケーション間で統一がとれていれば問題はありません。