先輩社員紹介

画像

第一営業部 第3課
2014年4月1日入社

日経印刷に入社を決めた理由は何ですか?

私の場合、大きく分けて2つあり、「仕事内容が希望と合っていたこと」と「選考で感じた社風」です。
やはり、自分の将来を決める会社選びなので、内定をいただいてからも悩みました。そんな中、もともとお客様と一緒にものづくりができる印刷会社の営業がやりたかったのと、選考を振り返ったときに他社よりも学生一人一人を見てくれているな、と感じたので入社を決めました。

会社に対するイメージは入社前と入社後で変わりましたか?

選考を通して感じた日経印刷のイメージは「親身な会社」ということです。
最終面接の際に、緊張して頭が真っ白になってしまったのですが、目の前にいた社長が「ゆっくりでいいからね。」と声をかけてくださったのは忘れられません。社長を含め、選考でお会いした皆さんの人柄に惹かれたのですが、入社した今も、質問や相談にのってくださる先輩がたくさんいて、イメージは変わっていません。
ただ、唯一ギャップとして挙げるとすると、営業職としての仕事の幅広さには少し驚きました(笑)。決まった製品を販売しているメーカーとは違い、お客様に合わせて作り上げていくので毎日が勉強です!

初めて仕事を一人でやり遂げたときの話を具体的に教えてください。

ある案件に対して見積もりを提出したのですが、お客様から「その金額だと予算的に厳しい。」と言われてしまいました。ただ、長年お付き合いのあるお客様でしたし、そこで仕事を逃してしまいたくなかったため、金額削減のために、印刷方法を変えることや用紙を変更することを提案し、調整を図った結果受注することができました。先輩と相談しながらも自分の意志で提案し、進められた仕事だったのでとても嬉しかったです。

今の仕事内容を具体的に教えてください。

カタログやパンフレット、月刊誌などの冊子類のお仕事を主に担当しています。営業として、見積もり提出をし、仕事が決まったら、スケジュールを立てて各現場に依頼をします。いただいたデータ通りに印刷するだけでなく、社内のデザイナーと協力しながら提案の部分から携わる案件に関しては、やはり時間がかかったり、お客様の要望を叶えるために悩むことも多いのですが、その分完成したときの喜びは大きいです。

思い出に残っている仕事、あるいは嬉しかった仕事を教えてください。

工場見学会で初めて自分のお客様をお呼びし、ご案内したことです。それまでは、先輩の同行しかしてきませんでしたが、自分で新規開拓をしたお客様だったので、緊張の度合いが違いました。
本番までに、時間を計ってシミュレーションをしながら原稿作成したり、気合を入れて準備をしましたが、思うように喋れず、難しさと知識不足を感じました。そんな時、お客様から「とても1年目だとは思えない。教育体制がしっかりされているのですね。」とお褒めの言葉をいただき、自信に繋がりました。

一番の失敗談を教えてください。

新しい冊子を作ったときの話です。フォーマットを作成した上で、その中に入る文字数を指定してお客様に原稿を依頼したのですが、いざ入ってきた原稿を流し込むと、ページから溢れてしまう、という事態が発生しました。このまま進めるとページ数を大幅に変更しなければいけない、と焦る中、原稿は次々と仕上がってしまい、かなりパニックになっていました…。文字数の認識違いから発生したミスだったのですが、お客様や先輩、制作の方々にご協力いただき、軌道修正を行うことができました。感謝とともに猛反省です…。

職場の雰囲気はどうですか?

お客様や仕事に対して熱心な方が多いな、と感じます。ただ、いい意味で真面目で堅すぎる社員はいないので、部署や年齢関係なく困ったときに質問や相談がしやすい雰囲気があります。
また、朝の清掃活動では社長自らも参加するなど、社員と役員との距離が比較的近いのも良いところの一つだと思います。

休日はどのように過ごしていますか?

土日は充実させたいので、友人とご飯や飲みに行くことが多いです。学生時代と比べると、みんな稼げるようになったので、少ーしだけ良いお店に行けるようになりました!(笑)
また、趣味でタップダンスを習っているので、時間があれば通っています。
新しいところや色んな場所に行くのが好きなので、土日で旅行も計画中です!

就職活動をしている学生の皆さんにメッセージをお願いします。

自分で可能性を狭めず、たくさんの業界や企業を見てください。知っているようで知らない業界はけっこうあります。
また、全時間を就職活動に注ぎ込むのではなく、自分なりの息抜きや楽しみを見つけながら活動を行っていくと良いと思います。(私の場合は、空き時間にランチをどこで食べるか、が毎回楽しみでした!(笑))
周りの状況が気になったり、上手くいかないこともあるかもしれませんが、必ず努力は報われるので、自分のペースで活動をしていってください。応援しています!