ホーム日経印刷の特長>カラー再現技術

カラー再現技術―業界トップクラスの品質

カラーマネジメントによる安定した品質

日経印刷ではJapan Color認証を基軸としたカラーマネジメント(CMS)を行っています。モニター、各プルーフ、印刷機、様々な変動要素を考慮し、どの工程においても常に基準の色を確認することができます。その基準があるからこそ、様々な原稿に対して常に一定の品質を保つことができるのです。

印刷機

品質管理の原点は徹底した安定色調を実現する生産体制 見た目と勘だけに頼ったカラー調整では十分な品質管理とはならないことから、数値的な管理技術は欠かせません。
当社の導入したカラー印刷機では、イメージコントローラの分光光度計(濃度や色差を計る装置)で印刷物の絵柄のLab値(色再現値)を読み取り、基準値に対する補正値(色のズレ)を算出して転送することでインキ量を自動的に制御し、CMYKベタ濃度やCMYグレーバランスの品質を管理しています。

デジタルカラープルーフ

図を挿入 ひとくちにデジタルカラープルーフと言っても、種類はさまざまです。
日経印刷では、実解像度による高精細な表現が可能な「デジタルコンセンサス」と、低コストながらも擬似網点再現が可能なインクジェットプルーファ「プリモジェット」をご用意していますので、用途に応じてお選びいただけます。
両機とも、印刷物をターゲットにした測色と調整によるカラーマッチングを実現しています。

画像補正

画像補正作業 画像データを補正することで、印刷での仕上がりは全く変わります。
肌の透明感や機械のメタリック感、料理のシズル感などを、より美しく表現するためには素材画像の補正作業が欠かせません。
高品質かつ効率的な画像補正を行うために、当社ではカラーマネジメントモニタを導入し、測定器による管理を徹底することで、モニタ上でも印刷物のカラーを忠実に再現しています。
またデジタルカメラの普及により増加したRGBデータの入稿についても、プロファイルを適切に処理したCMYK変換を行っています。
補正作業は、専任のオペレータが担当することで熟練度を高めています。

Japan Color 標準印刷認証 / マッチング認証 / プルーフ運用認証

Japan Color認証制度 標準印刷認証 Japan Color認証制度 マッチング認証 Japan Color認証制度 プルーフ運用認証

Japan Color認証制度は、ISO国際標準に準拠し、オフセット枚葉印刷における印刷色の標準である「枚葉印刷用ジャパンカラー」に基づいて認証を行う制度です(詳しくは公式サイト「Japan Color認証制度」をご参照ください)。
平成24年4月に、安定した品質の印刷物を作成できる「Japan Color標準印刷認証」を取得し、同年11月には、信頼性の高いプルーフを安定的に出力できる「Japan Colorプルーフ運用認証」を取得しました。
平成25年9月には、印刷物における高度なカラーマネジメント能力を証明する「マッチング認証」も取得し、さらなる品質の安定と向上を図っています。

PD(プリンティングディレクター)によるサポート

プリンティングディレクター(PD) PDとはお客様が実現したい印刷物の表現に合わせて、画像の補正や色の管理など、印刷に関する豊富な知識や経験をもとに、お客様をサポートするスタッフです。
カラー印刷に関しては、繊細な表現になればなるほど「印刷のプロフェッショナル」が必要です。PDは、本機校正時、本刷り時の印刷立会い、製品の最終段階まで徹底した色管理を行います。
印刷物は生き物といっても過言ではありません。用紙の違いや、温度や湿度の変化によっても色の出方は変わってきます。その変化を予測し、印刷品質の最終イメージを共有しながら、お客様の表現したい色を忠実に再現します。

オリジナルカラーチャート

5種類の用紙プロファイル 印刷物は、同じデータ・同じインキ・同じ機械で印刷しても、用紙の種類によって仕上がり品質が全く異なります。日経印刷では、コート・マットコート・上質・ラフグロス・ラフマットの5種類の用紙でテストしたカラーチャートを用意していますので、カラーの仕上がりイメージを確認するために有効です。

お問い合わせフォームへ

ページのトップに移動